産婦人科このページを印刷する - 産婦人科

診療内容・特色

周産期母子医療センター
 

産科

診療の特徴

産科診療は平成24年3月21日より開始いたしました。分娩および産科入院は新外来棟3階に新設された周産期病棟(7病棟)で行います。周産期病棟は35床の産科病床とNICUを備えており、平成24年10月より広島県地域周産母子医療センターとして診療しています。
 

対象症例

  • 妊婦健診
  • 正常分娩
  • 異常妊娠
  • 合併症妊娠
  • 異常分娩
  • 産科救急

妊婦初診と分娩予約について

  1. 産科診療開始日:平成24年3月21日(妊婦健診・産科救急も同日より開始)
  2. 外来診察:全て予約制となっていますので受診予約をお願いします
  3. 受診予約の方法
    1)今回の妊娠で初めて受診される方:当院予約センターで予約をしてください。
    2)すでに他の産婦人科にかかっておられる方
       その施設からの紹介が必要です。
       帰省分娩の際などの事前の連絡や受診(分娩予約)は不要です。
       適切な時期にかかりつけの施設から紹介をしていただいてください。

 

婦人科

思春期から老年期にいたる期間に発生する子宮頸がん・子宮体がん・卵巣がんなど産婦人科悪性腫瘍(婦人科がん)、卵巣腫瘍・子宮筋腫・子宮内膜症などの良性腫瘍、骨盤臓器脱の治療を行っています。
 

1.婦人科悪性腫瘍の診断・治療
  1)悪性腫瘍の正確な診断とともに適格な治療方針を選択します。
  2)子宮頸がん・子宮体がん・卵巣がんの取り扱い規約に準じた手術療法、抗がん剤化学療法、放射線療法などの集学的治療を行っています。
 

2.良性腫瘍
  1)開腹手術だけでなく鏡視下手術(腹腔鏡や子宮鏡下手術など)を積極的に取り入れています。
  2)今後の妊娠を希望されている方には機能温存手術(卵巣腫瘍摘出手術、子宮筋腫核出術)を施行しています。
 

3.骨盤臓器脱(子宮脱・膀胱瘤、直腸瘤)
 骨盤臓器脱は高齢化とともに増加傾向にあり、保存療法(子宮脱治療用リング)だけでなく、積極的に手術療法を行っています。




外来受診について

  1. 外来診療
    全て予約制となっていますので受診予約をお願いします。
    当科での管理の対象外の疾患については、診療ができないことがありますが、ご了承ください。
  2. 受診予約の方法
    1)今回の妊娠で初めて受診される方:当院予約センターで予約をしてください。
    2)すでに他の産婦人科にかかっておられる方
       その施設からの紹介が必要です。
       かかりつけの施設から紹介をしていただいてください。

  

手術実績

手術内容

2014年度

2015年度

2016年度

2017年度 2018年度 2019年度 2020年度 2021年度

良性腫瘍手術

(うち内視鏡)

199
(87)

172
(93)

173
(114)

212
(124)

176
(96)

257
(156)


281
(141)

222
(96)

子宮筋腫

子宮全摘術

74
(21)

47
(25)

48
(37)

53
(45)

45
(30)

65
(34)


63
(43)

47
(17)

筋腫核出術

10
(7)

27
(16)

20
(17)

16
(14)

10
(8)

14
(13)


9
(7)

17
(6)

卵巣腫瘍

卵巣腫瘍

摘出術

56
(53)

56
(44)

56
(53)

62
(58)

52
(45)

82
(77)


81
(78)

86
(71)

子宮脱

23

15

17

20
26
(6)
30
(10)
33
(6)
28
(2)

粘膜下筋腫(内膜ポリープ)

子宮鏡下

手術

16
15
9



29


26
 

その他

20
(6)

12
(8)

23
(7)

61
(7)

43
(7)

60
(22)


57
 

18

疾患

手術内容

2014年度

2015年度

2016年度


2017年度

2018年度

2019年度

2020年度

2021年度

悪性腫瘍手術


53

47

59

41

88
79 85 74

子宮頸癌
(CIN3含)

円錐切除術


33

25

39

24

37
41 41 43

広汎子宮全摘術 他


3

6

0

2

15

5 1 2

子宮体癌

拡大子宮全摘術 他

6

13

7

5

15

12

14

5

卵巣癌

Staging laparotomy 他

11

3

9

10

12

11

11

11

分娩実績

2014年度

2015年度

2016年度

2017年度 2018年度 2019年度 2020年度 2021年度

分娩数

478

478

510

502
510

479

488

467

帝王切開

147

133

147

130
134

150

152

170

母体搬送受入れ

58

66

71

53
59

61

58

56

医師紹介

部長 田中 教文(たなか のりふみ)

  • 医学博士
  • 日本産婦人科学会専門医・指導医
  • 周産期専門医(母体・胎児)指導医
  • 細胞診専門医
  • 臨床遺伝専門医

平成12年卒

令和3年8月より当センター勤務
 

医師 定金 貴子(さだかね たかこ)

  • 日本産婦人科学会専門医

平成21年卒

令和3年10月より当センター勤務
 

医師 浦山 彩子(うらやま さいこ)

  • 日本産婦人科学会専門医、指導医
  • 母体保護法指定医

平成22年卒

令和4年4月より当センター勤務
 

医師 佐藤 優季(さとう ゆうき)

  • 日本産婦人科学会専門医
  • 広島大学寄附講座助教

平成27年卒

令和3年4月より当センター勤務
 

医師 野村 奈南(のむら なな)

平成28年卒

令和2年10月より当センター勤務
 

医師 八幡 美穂(やはた みほ)

平成29年卒

令和4年2月より当センター勤務
 

レジデント 菰下 智貴(こもした ともき)

令和2年卒

令和4年4月より当センター勤務