脳神経内科このページを印刷する - 脳神経内科

診療内容・特色

当院の脳神経内科は現在スタッフ4名で診療を行っています。

当医療圏では神経内科専門医が常在する急性期病院は稀少であり、日本内科学会教育病院、日本神経学会準教育施設、日本脳卒中学会教育病院に認定され、また県の難病医療協力病院にも指定されています。

脳梗塞やてんかん等の急性疾患から、神経難病を中心とした比較的稀な疾患まで、神経関連疾患であれば幅広く対応できるように体制を整えています。
平日午前の新患外来は毎日開設しており、時間外、休日には脳神経外科医との協力のもと神経救急当番医を定めて神経救急診療を行っています。

急性期病院の性格上、長期療養を目的として患者さんの受け入れは困難ですが、急性期のみならず、お困りの神経疾患の患者さんがおられましたら、是非御紹介下さい。

御紹介頂きました患者さんは紹介目的が達成されましたら、紹介頂いた先生に御相談の上で逆紹介させて頂きます。

診療対象の疾患

  1. 脳梗塞:超急性期のtPA静注療法のみならず、脳神経外科と連携した血栓回収療法、術
    後管理をおこなっています。また、個々の患者さんの病態に応じた標準的治療、急性期
    リハビリテーションをおこないます。
  2. 急性発作性疾患:てんかん、めまい等の救急対応、入院加療をおこなっています。
  3. 神経感染症:髄膜炎、脳炎等の診断・入院治療をおこなっています。
  4. 神経免疫疾患:重症筋無力症、多発性硬化症、ギラン・バレー症候群等の診断・免疫治
    療をおこなっています。
  5. 神経変性疾患:筋萎縮性側索硬化症(ALS)やパーキンソン症候群、脊髄小脳変性症等
  6. の診断・治療・在宅環境調整をおこなっています。
  7. 上記の他、外来では頭痛・しびれ・認知症等の診療をおこなっています。また、ボトッ
    クス治療も行っています。
     

診療内容

  1. 診断:CT MRI MRA 頸動脈エコー、脳波、筋電図、神経伝導検査、脳血流SPECT、嚥下造影検査など
  2. 治療:tPAを含めた脳梗塞急性期治療(必要に応じて、脳神経外科と連携し、血栓回収療法も行います。)、血漿交換、免疫グロブリン大量療法など
  3. 臨床研究や治験の推進:脳梗塞再発予防、の臨床試験に参加しています。
  4. 在宅療養への導入と援助:神経難病の患者様についてかかりつけ医との連携をとりながら外来フォローさせて頂きます。また神経難病患者さんの急変時の緊急受け入れ病院としても入院応需致します。

臨床統計(診療実績)

  29年度
脳卒中(うち t-PA 静注療法) 178例(23件)
神経変性疾患(うちALS) 32例(23例)
末梢神経・筋疾患 24例
神経感染症 14例

医師紹介

医長 末田 芳雅(すえだ よしまさ)

  • 日本神経学会専門医・指導医
  • 日本脳卒中学会専門医
  • 日本内科学会総合内科専門医

平成14年卒

平成28年6月より当センター勤務

医師 北村 樹里(きたむら じゅり)

  • 日本神経学会専門医

平成16年卒

平成29年4月より当センター勤務

医師 琴崎 哲平(ことざき てっぺい)

  • 日本神経学会専門医

平成17年卒

平成28年10月より当センター勤務

医師 山田 英忠(やまだ ひでただ)

平成26年卒

平成31年4月より当センター勤務