耳鼻咽喉科このページを印刷する - 耳鼻咽喉科

診療内容・特色

このようなことに取り組んでおります

耳疾患

耳疾患の診断を行い、治療方針を決定しています。また、手術に関しては滲出性中耳炎に対し鼓膜チューブ挿入術、慢性中耳炎や外傷性鼓膜穿孔に対し鼓膜形成術、真珠腫性中耳炎に対し鼓室形成術などを積極的に行っています。

めまい、平衡機能関係

めまい疾患全般を診療しています。赤外線CCDカメラを用いた眼振検査、重心動揺計、また電気眼振計を用いた検査、さらに必要であれば、頭部MRI検査を行い、脳外科、神経内科と連携し総合的にめまい診断を実施しています。

鼻、副鼻腔疾患

アレルギー性鼻炎、副鼻腔炎などを中心に診療を行っております。手術に関しては、鼻アレルギーに対しての下鼻甲介粘膜焼灼術(CO2レーザー)を日帰り手術で、慢性副鼻腔疾患に対し内視鏡下副鼻腔手術などを行っています。また眼窩壁骨折、鼻骨骨折などの外傷も適応に応じて整復術を行っております。

口腔、咽頭、喉頭疾患

急性期の咽喉頭疾患から慢性疾患まで診療を行っています。手術に関しては、慢性扁桃炎や扁桃肥大に対し扁桃摘出術、アデノイド増殖症に対しアデノイド切除術(内視鏡で観察しながらデブリッターで切除)、また喉頭疾患や下咽頭疾患に対しラリンゴマイクロサージェリーなどを行っています。

頸部疾患

唾液腺腫瘍、頸嚢胞については摘出術を行っています。
耳下腺手術時には、全例神経刺激装置を使用しています。

頭頸部腫瘍について

頭頸部癌に対して、手術、化学療法、放射線療法など適応に応じて施行しています。また、進行例など拡大手術が必要である場合は、患者さまの希望に応じて広島大学病院などに紹介させて頂いています。

その他として睡眠時無呼吸症候群、嚥下障害についても取り組んでいます。

実績データ

手術 内訳 耳科手術

  2018年度 2019年度
鼓膜チューブ挿入術 66例 52例
鼓膜切開術 15例
鼓膜形成術 4例 2例
外耳道腫瘍摘出術 3例 1例
鼓室形成術 2例 1例
先天性耳ろう管摘出術 7例 6例
その他 26例
合計 82例 103例

手術 内訳 鼻科手術

  2018年度 2019年度
内視鏡下副鼻腔手術 60例 68例
粘膜下下甲介切除術 29例 15例
後鼻神経切断術 2例
顔面骨折整復 1例
鼻内異物摘出 2例 2例
鼻副鼻腔腫瘍摘出術 3例 3例
鼻中隔矯正術 14例 8例
下甲介粘膜焼灼術 29例 31例
鼻骨骨折整復 12例 3例
その他 28例
合計 152例 158例

手術 内訳 咽頭・喉頭手術

  2018年度 2019年度
口蓋扁桃摘出術 180例 173例
扁桃周囲膿腫切開術 20例 16例
直達鏡下喉頭微細手術 23例 5例
アデノイド切除術 30例 39例
咽後膿腫切開術 1例
咽頭異物摘出術 16例
喉頭異物摘出 1例
その他 12例
合計 270例 246例

手術 内訳 口腔手術

  2018年度 2019年度
舌腫瘍摘出術 3例 3例
唾石摘出術 1例 4例
口唇腫瘍摘出術 9例 6例
頬粘膜腫瘍摘出術 3例 1例
口腔底腫瘍摘出術 1例
舌悪性腫瘍手術 2例 3例
舌小帯形成術 1例 1例
ガマ腫切開術(硬化療法) 1例
口腔底悪性腫瘍手術 1例 1例
口腔底膿腫切開術 1例 1例
合計 23例 20例

手術 内訳 頸部手術

  2018年度 2019年度
耳下腺腫瘍摘出術 13例
リンパ節摘出術 12例 12例
側頸のう胞摘出術 1例
気管切開孔閉術 3例 3例
頸部郭清術 1例 2例
顎下腺摘出術 4例 4例
正中頸のう胞摘出術 5例 1例
気管切開術 6例 3例
咽頭気管分離術 2例
深頸部膿腫切開術 2例 3例
合計 49例 28例

医師紹介

医長 宮原 伸之(みやはら のぶゆき)

  • 医学博士
  • 日本耳鼻咽喉科学会専門医
  • 日本耳鼻咽喉科専門研修指導医

平成14年卒

平成28年4月より当センター勤務
 

医師 藤田 陸登(ふじた りくと)

平成28年卒

令和3年4月より当センター勤務
 

レジデント 松元 聡一郎(まつもと そういちろう)

平成30年卒

令和4年1月より当センター勤務