教育制度このページを印刷する - 教育制度

教育ラダー

教育ラダー

教育内容

教育の内容と方法の関連図

教育の内容と方法の関連図

  • 新人看護師教育
  • キャリアラダー別研修(レベルⅠ~Ⅴ)
  • 看護の専門性を高めるための教育(専門教育)
  • 看護の質を高めるための教育(看護研究)
  • 看護師として基本的に必要な知識技術を磨き上げる教育

教育計画

新人看護師教育プログラム

新人看護師の支援体制

新人看護師研修

到達目標
  • 組織の一員として自覚をもち、責任のある行動がとれる
  • 基本的な看護技術が安全で確実に実践できる
  • 看護に必要な知識を深めることができる

研修名

研修目的

研修目標

国立病院機構の概要

国立病院機構の概要について理解する

  • 国立病院機構の概要、組織、理念、方針について理解出来る。

接遇について

東広島医療センターの職員として
ふさわしいマナー・接遇を身につける
  • 機構の職員としての基本的なマナー
  • 接遇 (意識・身だしなみ・態度)について理解する
災害拠点病院の職員としての活動について 災害拠点病院の職員としての役割を理解出来る
  • 災害拠点病院としての役割について理解出来る
  • 災害拠点病院の職員としての活動について理解することができる
就業規則等・病院組織について
就業規則等・病院組織について理解することができる
  • 国立病院機構の就業規則等について理解出来る
  • 労働組合について理解出来る
  • 共済組合制度について理解出来る
当院の沿革概要 病院の概要を理解する
  • 病院の概要(沿革)、組織、理念、方針について 理解できる
医療安全管理

施設における医療安全管理体制をする

安全な看護を提供するための心得を理解する

  • 医療安全管理体制について理解できる
  • 医療安全管理に基づいて必要な確認行動の必要性が理解できる
  • インシデント・アクシデント発生時の対応が 理解できる
院内感染防止対策 施設における院内感染防止対策を
理解する
  • 院内感染予防対策について理解できる
  • 医療廃棄物の規定に沿った適切な取り扱いについて理解できる
職員のメンタルヘルス 対策について 職員のメンタルヘルス対策について理解出来る
  • 職員のメンタルヘルス対策の内容が理解出来る
医療法・保険制度・DPC病院について 医療法・保険制度・DPC病院について理解出来る
  • 医療法について理解出来る
  • 保険制度について理解出来る
  • DPC病院について理解出来る
看護部の概況

看護部の概況を知る

新人看護師に期待することは何か理解する

  • 看護部の組織、理念、方針、運営目標につ いてわかる
  • 当院の求める看護師像について理解する
看護体制について 当院における看護体制(固定チームナーシング)を理解する
  • 固定チームナーシングについて理解できる
  • 当院の固定チームナーシングの体制が理解できる
看護倫理 臨床現場における倫理の重要性を
理解する
  • 看護者の倫理綱領の内容が理解できる
  • 看護職としての姿勢と態度を理解し実践に活かせる
看護記録と法的責任
(電子カルテ操作含む)
当院における看護記録の情報管理に
ついて理解し、適切な記録のための
基本的能力を身につける
  • 看護記録に関する法的責任が理解出来る
  • 看護記録の目的が理解できる
  • 看護記録の基本的な記載方法がわかる
看護記録
(電子カルテ操作)
当院における看護記録の情報管理に
ついて理解し、適切な記録のための
基本的能力を身につける
  • 看護記録の目的が理解できる
  • 看護記録の基本的な記載方法がわかる
  • 看護記録に関する電子カルテの見方・開
社会人としての
心構え
組織のなかで働くことの意味を理解
する
  • 専門職業人としての責任と役割を理解する
  • 自己の健康管理の重要性がわかる
教育体制について 国立病院機構における教育体制及び
当院における教育体制について理解
する
  • 機構の教育体制(ACTyナース)がわかる
  • 当院看護部教育ラダーについて理解できる
  • 新人の教育支援体制について理解できる
感染防止の技術 感染防止のための基本的技術を習得
できる
  • スタンダードプリコーションの実施ができる
活動・休息の 援助技術 移動介助が必要な患者の安全安楽な患者移動・移送を学ぶ
  • 安楽に配慮しながら、安全に移送介助ができる
  • ポジショニングについて理解できる
薬の管理取り扱い 薬剤の管理・取り扱い・薬剤の効用を理解し、安全・正確に与薬ができるための知識・技術を身につける
  • 薬物の基本的な知識と管理方法が理解できる
  • 取り扱いに注意が必要な薬剤について理解できる
  • 与薬の流れが理解できる
神経損傷について 神経の部位や血管の走行を解剖学的に理解し、安全に与薬(注射)するための知識を身につける
  • 安全に静脈内注射・筋肉注射を実施するための基礎知識が理解できる
  • 血管の選択・神経の走行が理解できる
採血の技術 安全に採血が実施できるための基本的技術を習得する
  • 採血の目的が理解できる
  • 神経走行を理解し、安全な穿刺部位が理解できる
  • 感染予防に留意した、採血の手技を理解できる
  • 穿刺による異常時の対処方法が理解できる
フィジカル
アセスメントⅠ
患者の症状や兆候から意図的に情報を収集する手段としてフィジカルアセスメントについて学ぶ
  • フィジカルアセスメントの目的を理解できる
  • フィジカルアセスメントの基本的技法を活用し患者の状態把握が出来る
看護師による静脈注射実施基準について 看護師による静脈注射の実施範囲に
関する基本的な考え方を学ぶ
  • 看護師による静脈注射の実施基準についてわかる
  • 実施基準に基づいて当院での考え方についてわかる
点滴静脈注射の技術 静脈内注射を安全・正確に実施する
知識・技術を習得する
  • 注射の目的が理解できる
  • 注射薬の準備・穿刺・固定・抜針・片づけの手順と根拠を理解し実施出来る
  • 点滴中の観察点が理解できる
重症度・医療
看護必要度
重症度・医療看護必要度の必要性を理解し、評価基準・記録方法について学ぶ
  • 重症度・医療看護必要度とは何かがわか
  • 重症度・医療看護必要度の評価基準がわ
    かる
  • 必要な看護の情報を記録する方法がわ
    かる
吸引・経鼻経管栄養の技術 口鼻腔吸引・経鼻経管栄養の基本技術を習得し安全に実施できる
  • 吸引・栄養チューブ挿入における基礎知識を理解出来る
  • 吸引時・栄養チューブ挿入時の手技が理解 できる
  • 吸引時・栄養チューブ挿入時の苦痛が理解できる
  • 対象にとって苦痛の少ない吸引方法、挿入方法がわかる
MRI
地場体験研修
MRI室内の危険を知り、吸着事故を未然に防ぐため 患者の検査を安全かつ円滑に行うため
血糖測定と
インスリン製剤
インスリン注射と血糖測定が確実に実施出来るよう知識を身につける
  • インシュリン製剤の種類と作用時間について理解出来る
  • 血糖測定方法について理解出来る
ME機器の取り扱い 日常使用するME機器の使用目的を
理解し、安全に操作できる能力を身に
つける
  • 輸液ポンプ・シリンジポンプの用途がわかる
  • 輸液ポンプ・シリンジポンプの構造が理できる
  • 輸液ポンプ・シリンジポンプの操作ができる
  • アラーム時の対応ができる
BLS研修 一次救急の基礎知識を理解し、緊急時対応ができる能力を身につける
  • 応援要請の方法がわかる
  • 心臓マッサージができる
  • 気道確保が出来る
  • BVMの取り扱いがわかる
  • AED操作が出来る
フォローアップ
(3ヵ月)研修

自己のもつ悩みや不安を仲間と語ることで、モチベーションをあげ、6ヵ月に向けての目標を立てることができる

固定チームナーシングにおける受け持ち看護師の役割が理解できる

  • 現在の自己の素直な気持ちを表出できる
  • 仲間の思いを聞き、共有することができる
  • レクレーションを通して、気分転換が図られ 同期との団結力が芽生える
  • 固定チームナーシングにおける受け持ち
    看護師の関わり方がイメージできる
  • 6ヵ月に向けて個々の目標を立てることが
    できる
多重課題 多重課題に対応する能力を養う(アセスメント能力・優先順位の考え方)
  • 優先順位を考える上での判断・根拠を理解できる
  • 他者への応援要請・協力依頼の必要性が理解できる
  • 必要な情報が報告ができる
  • 報告・連絡・相談の必要性が理解できる
医療安全研修Ⅰ 療養環境におけるリスク感性を磨き、患者に対して安全な看護実践につなげる
  • KYTを行うことで臨床に潜む危険を五感で感じ取りその理由づけができる
  • A臨床現場における危険箇所の回避行動を具体的に考えることができる
  • 危険と思ったことを声に出し、情報を伝達、共有する事の大切さに気づくことができる
看護過程 対象に必要な情報を収集し、得られた情報からアセスメントをもとに看護問題を抽出する思考過程を学ぶ
  • データベースを用いてアセスメントが出来る
  • 看護問題が抽出できる
  • 個別性をふまえた看護計画が立案できる
  • 看護展開の一連が理解できる
フォローアップ
(6ヵ月)研修
6ヵ月の看護を振り返り、自己の課題を明確にし、1年目に向けての目標が明らかになる
  • 仲間とディスカッションする事で、思いを表出し共有できる
  • 出来るようになったこと、できないことを明確にし、1年目に向けての目標が明らかになる
フィジカル
アセスメントⅡ
患者の症状や兆候から意図的に情報を収集する手段としてフィジカルアセスメントを身につける
  • フィジカルアセスメントの基本的技法が実践出来る
  • 観察より得られた情報をアセスメントし、看護問題を導くことが出来る
心電図 心臓の機能・解剖生理等の基本的な心臓のメカニズムを踏まえ、心電図が理解出来る
  • 心電図波形の意味が理解出来る
  • 不整脈心電図波形の特徴を理解出来る
  • 12誘導心電図について理解できる
フォローアップ
(1年)研修
1年を振り返り、自己の成長を認め、2年目に向けての目標を明らかにする
  • 受け持ち患者の看護場面を通して、自己の看護に対する考えをまとめることができる
  • 自己の考えや思いを他者に伝えることができる
  • 文献を活用し、自分の考えを裏づけできる
  • 2年目に向けての自己の課題や目標が明らかになる

キャリアラダー別研修

レベルⅠ

到達目標

  • 看護実践に必要な基本的能力を習得する

研修名

研修目的

研修目標

心電図

心臓の機能・解剖生理等の基本的な心臓のメカニズムを踏まえ、心電図が理解出来る。

  • 心電図波形の意味が理解出来る。
  • 不整脈心電図波形の特徴を理解出来る。
  • 12誘導心電図について理解できる。

フィジカルアセスメント

患者の症状や兆候から意図的に情報を収集し、フィジカルアセスメントができる。
  • フィジカルアセスメントの基本的技法が実践できる。
  • 観察より得られた情報をアセスメントし、看護問題を導くことが出来る。
  • 看護問題に対し看護介入を実践できる。
交換研修(ICUCCU/病棟/救急外来/手術室 様々な環境下にある医療の現場を知り、多職種との協働の中、チーム医療における看護師の役割を学ぶ。
また、患者を通して他部門との連携や、継続看護について学ぶ。
  • 手術室・ICUCCU・救急外来・病棟看護師における看護師の役割を理解する。
  • 各部署における看護の特性を知る。
  • 1人の患者を通して行われている継続看護について理解する。(交換研修資料参照)
課題レポート発表会
自己の思考・行動の傾向を知りエビデンスに基づいた知識の下、個別性予測性を考えた看護実践ができる。
身体的・精神的・社会的側面を捉え看護判断ができる。
  • 事例を通して、自分の実践した看護の根拠が言える。
  • 事例の中の看護を通して、自己の思考行動の傾向を知る事で、今後の課題を明らかにする。

レベルⅡ

到達目標

  • 根拠に基づいた看護を実践する
  • 後輩と共に学習する

研修名

研修目的

研修目標

リーダーシップⅠ

  • 固定チームナーシングにおける、日々のリーダーとしての役割を理解し、リーダーシップを発揮する事ができる。
  • リーダーシップを発揮するためのコミュニケーション技法を身につける。
  • 固定チームナーシングの基本定義を理解する。
  • 日々リーダーとしての役割を理解する。
  • 日々リーダーとしての行動目標を立てる事ができる。
  • コーチング技法が理解できる。
  • コーチング技法を使って後輩指導、目上の看護師 への依頼ができる。

リーダーシップⅠ

フォローアップ研修

  • 役割を通して自己を振り返ることができる。
  • 今後、リーダーとしての課題や取り組みを見いだすことができる。

レベルⅢ

到達目標

  • 個別性を重視した看護を実践する
  • 看護実践者として、後輩に支援的役割を果たせる

研修名

研修目的

研修目標

後輩育成

後輩育成の支援について理解し、実践に活かす

  • 後輩指導の役割が理解できる
  • 後輩指導について具体的行動を見出すことができる

後輩育成

フォローアップ

研修

  • 後輩指導について抱えている悩みや問題が共有できる
  • 自己の指導方法を振り返り、後輩の状況に合わせた指導方法を考えることができる

レベルⅣ

到達目標

  • 後輩の学習を支援する
  • チームリーダーとしての役割行動がとれる

研修名

研修目的

研修目標

チーム

STEPPS

患者の安全を高めるため、チームワークを良好にするチームSTEPPSについて学び看護実践につなげる

  • チームSTEPPSの概要について理解する
  • チームSTEPPSのスキルを理解する
  • 演習を通してスキルを体感できる

チーム

STEPPS

フォローアップ

研修

チームワークと患者安全の重要性を推進することができる
  • チームステップスのスキルを活用した事例を成功事例を共有できる
  • 自己の取り組みを振り返り、今後の課題を見出す事ができる

 

レベルⅤ

到達目標

  • 専門性の発揮、管理・教育的役割モデルとなり、研究への取り組みができる

既卒看護師研修

到達目標

  • 新しい職場に適応し、継続して勤務することができる。
  • 既卒看護師の持てる力を発揮することができる。

研修名

研修目的

研修目標

採用時研修

当院の職員(組織の一員)としての心構えができる。

新採用職員研修・オリエンテーション参照。

未経験技術の知識・技術の習得

未経験の知識・技術を習得する。

看護技術研修への参加。
(研修目標は、各々の研修参照)

重症度・医療

看護必要度

重症度・医療看護必要度の必要性を理解し、評価基準・記録方法について学ぶ

  • 重症度・医療看護必要度とは何かがわかる
  • 重症度・医療看護必要度の評価基準がわかる
  • 必要な看護情報を記録する必要性がわかる

既卒者

支援研修

既卒看護師の抱えている思いを表出することで、解決策を見出し、モチベーションを高める。

  • 既卒者同士の交流を深め、仲間作りができる。
  • 自分の思いを表出し、互いの思いを共有することができる。
  • 今までの経験を活かし、今後の取り組む 目標を明らかにする。

役割研修

プリセプター研修

到達目標

  • プリセプターとしての役割を理解し、新人看護師支援について考え、行動がとれる。

研修名

研修目的

研修目標

プリセプター

導入研修

プリセプターとしての役割を理解し、心構えができる。

  • プリセプターとしての役割を理解する。
  • プリセプターとして、新人看護師を支援する方法が見いだせる。

プリセプター
フォローアップ研修

プリセプターとして、新人看護師支援について考えることができる。

  • プリセプターとして抱えている問題や悩みを明らかにし、共有することができる。
  • プリセプターとしての今後の具体的行動を見出すことが出来る。

モデルナース研修

到達目標

  • 新人看護師への“看護の技”を伝授することで、後輩への育成及び自己の看護技術の向上につなげる。

研修名

研修目的

研修目標

モデルナース研修

新人看護師の技術向上を支援できる。

  • モデルナースの役割を理解できる。
  • 看護のコツを伝えつることが出来る。
  • 新人看護師に学ばせたいことが共通認識でき指導できる。
  • 集合研修で指導したことを、現場教育に継続できる。

固定チームナーシング リーダー・サブリーダー研修

到達目標

  • 固定チームナーシングを効果的に運営し、看護の質の向上につなげていくことができる。

研修名

研修目的

研修目標

固定チーム

リーダーシップ研修

固定チームナーシングにおける、チームリーダーとしての役割を理解する。

  • 固定チームナーシングについて理解できる
  • 固定チームナーシングのリーダーの役割について理解できる
  • 今年度のチームとしての取り組む内容を明らかにする。

固定チームリーダーフォローアップ研修

固定チームのリーダー、サブリーダーとして役割を理解しチーム目標達成に向けどのように行動すべきか考えることができる。

  • 役割を通して自己を振り返り、リーダーとして中間評価ができる
  • チームリーダー・サブリーダーとして抱えている悩みや問題を共有できる
  • チーム目標達成に向けての具体的行動を見出すことができる

全体研修

到達目標

  • 看護の専門的スキルの向上につなげていくことができる。

研修名

研修目的

研修目標

経営管理研修

医療の動向、当院の経営状況を知り、経営参画できる

  • 当院の経営状況を知る
  • 経営における部署の問題点を考えることができる
  • 経営参画に向けた自己の課題を見出すことができる

看護を語ろう

看護を語り合うことで、やりがいを高めることができる。

  • 自分の大切にしている看護を他者に伝えることができる。
  • 看護の仲間と看護を語り合う事で、看護観を深めることが出来る。
退院支援

患者・家族が安心して退院できるよう退院調整の必要性を理解し実践できる

  • 退院調整における看護師の役割が理解できる
  • 退院調整のプロセスが理解できる
  • 患者、家族の意志を尊重した退院調整の実践に繋げることができる
老人看護
認知症患者の病態や患者理解を深め、急性期病院における認知症患者の質の高い看護ケアマネジメントを学ぶ
  • 認知症を含めた高齢者の医療の現状と今後の国の施策について知る
  • 認知症の病態・心理を理解し、患者対応について再考できる
  • 高齢者の尊厳を重視した看護実践に意欲を持つことができる
意志決定支援
意志決定支援について看護師の役割を理解する
  • 意志決定プロセスの支援について学ぶ
  • 意志決定支援について、患者の思いを尊重した看護実践につなげる学びを得る

各部署

成果発表会

1年間の取り組んだ成果を発表することで部署の活性化・看護の質向上につなげていくことが出来る
  • 取り組み成果をまとめることができる
  • 他部署の成果を共有し、看護実践に活かすことができる

看護研究

到達目標

  • 日々の看護実践の専門性を高めるための研究をし、論文発表することができる。

研修名

研修目的

研修目標

看護研究指導Ⅰ

  • 日々の看護実践の中で疑問・問題に思うことを 研究的視点で考える事が出来る。
  • 研究によって得られた知識や理論を、看護実践に活かし、看護の質を高める。
  • 看護研究における倫理的配慮が理解でき実施できる。
  • プレゼンテーション能力を身につける。
  • 看護研究の考え方及び研究計画書について理解できる。
  • 統計処理について理解できる。

看護研究指導Ⅱ

  • 看護研究研究テーマを絞り込むことができる。
  • 文献検索・文献検討を行うことができる。
  • 倫理的配慮について考えることができる。
  • 研究計画書が作成できる。

看護研究指導Ⅲ

  • 看護研究計画書を完成することができる。
  • 看護研究をすすめることができる。

看護研究指導Ⅳ

  • 指導を受けながら研究を進めることができる。
  • 看護研究論文のまとめ方が理解できる。

研究発表会

  • 研究成果をまとめることが出来る。
  • 研究の成果をプレゼンテーションする事ができる。
  • 研究の成果を共有し、日々の看護に役立てることが出来る。

専門分野研修 

がん性疼痛看護

研修名

研修目的

研修目標

緩和ケア

緩和ケアの知識が習得できる。

緩和ケアの必要性が理解でき、実践できる

疼痛コントロール

オピオイド、鎮痛補助薬についての知識が習得できる

痛みの機序、薬物療法について理解できる

症状マネジメント

がんによる症状について知ることができる

嘔気・呼吸苦・精神ケアについて理解できる

第10回 がん診療に携わる医師のための緩和ケア研修会(2日間)

緩和ケアの知識が習得できる

緩和ケアの実際について理解できる。

看護師による静脈注射実施基準(レベル3)に伴う研修

がん性疼痛患者に与える影響を熟知した上で、麻薬の静脈注射を安全に実施することができる看護師を育成する

1.がん性疼痛のために、持続的に麻薬静脈注射が行われている患者の麻薬注射の交換及び臨時追加投与(レスキュー)を安全に実施する方法が理解できる

2.麻薬の管理・取り扱いについて理解し、正しく実施できる

がん化学療法看護

研修名

研修目的

研修目標

基礎編

がん化学療法が確実・安全・安楽に看護実践できる看護師を育成する。

 

  1. がん化学療法で用いられる薬剤の特徴と
    管理について知ることが出来る。
  2. がん化学療法における看護師の役割を知ることが出来る。

看護師による静脈注射実施基準
(レベル3)に伴う研修

  1. 確実・安全・安楽ながん化学療法を支える看護師の役割を理解し実践できる。
  2. がん化学療法で用いられる薬物の特徴と管理の知識をもとに、薬物の投与管理、副作用対策を確実・安全・安楽に実践できる。
  3. がん化学療法の静脈注射抗悪性腫瘍薬のボトル交換が確実・安全・安楽に実践できる。

皮膚・排泄ケア

研修名

研修目的

研修目標

ベッド上での

ポジショニング方法

ポジショニング方法を学び、褥瘡発生を減少させる

ポジショニング枕を実際に使用しポジショニング方法を学ことで、実践できる。

(講義は株式会社ケープに依頼予定)

ストーマケア装具選択症例をもとに

(地域公開予定)

オストメイトが安心して生活できるようストーマケア指導ができる

症例に応じたケア方法、装具選択の基本を知り、ストーマケアに繋げられる。

褥瘡予防
ポジショニングについて

理学療法士の視点でポジショニングを考える

身体を支える支点を学ぶ。

関節拘縮の予防と動作を妨げないポジショニングについて学ぶ。

感染管理

研修名

研修目的

研修目標

医療処置関連

感染防止対策

血管内留置

カテーテル

関連感染

  1. 医療関連感染の予防・管理に必要な専門的知識を習得し、根拠ある感染防止対策を臨床 現場で実践し、指導教育の役割を果たすリンクナースを育成する。
  2. 将来、認定看護師を目指すきっかけとなる。
  1. 感染管理の基礎知識の習得。
  2. 根拠ある感染防止技術を習得し、臨床の看護ケアの中で実践する。
  3. 自部署の感染に関する課題に実践可能な計画を立て、実施・評価をする。

医療処置関連

感染防止対策

膀胱留置カテーテル

関連感染

見直し!感染対策

薬剤耐性菌について

集中ケア・慢性呼吸器疾患看護

研修名

研修目的

研修目標

呼吸療法セミナー

①呼吸生理

②代表的な呼吸器疾患

  検査

③酸素療法呼吸

  リハビリテーション

④人工呼吸器・NPPV

⑤呼吸療法に関わる

  コメディカルの活動の

  実際

  1. 急性期から慢性期にかけての呼吸療法について基本的な知識を習得できる
  2. 呼吸療法認定士取得予定者のサポートや呼吸療法認定士を目指すきっかけとなる

①呼吸生理について基本的な知識を理解出来る

②代表的な呼吸器疾患・検査について知識を理解できる

③酸素療法の実際と管理について理解できる・呼吸リハビリテーションの知識・技術を深めることができる

④人工呼吸器・NPPVの実際と管理について理解出来る

⑤呼吸療法に関わるコメディカルの活動の実際について知る事が出来る

糖尿病

研修名

研修目的

研修目標

糖尿病の病態・合併症

糖尿病の病態や合併症についての知識が習得できる。

糖尿病の病態や看護を理解することが出来る。

糖尿病治療について周術期の血糖管理・シックディ等様々な糖尿病管理

糖尿病の治療・糖尿病患者のイベント時の管理についての知識を習得できる 糖尿病の治療や看護を理解することが出来る

リンパ浮腫看護

研修名

研修目的

研修目標

リンパ浮腫のケアについて

浮腫患者のケアについて知識・技術が習得できる

各病棟看護師を対象にリンパ浮腫ケアについての知識を深めることが出来る

慢性呼吸器疾患看護

研修名

研修目的

研修目標

吸入療法について

吸入療法を適切に実施できる指導方法を習得できる

吸入療法を適切に実施できる知識や技術を理解できる

研修風景