新型コロナウイルス感染症対策のための電話診療についてこのページを印刷する - 新型コロナウイルス感染症対策のための電話診療について

東広島医療センターでは、新型コロナウイルスの感染拡大を防止するため、慢性期症状による投薬処方を行っている定期受診患者さんに対し、電話診療による院外処方箋発行の対応を開始しております。

以下に電話診療による手続きをご案内します。

受付時間(土日曜日、祝日は除く)

月~金曜 8時30分~15時30分 (電話番号 082-423-1489)

※ 問い合わせの患者さんの数によっては、電話がつながりにくくなることが予想されますが、ご了承いただけますようお願いいたします。
※ 実施期間については、新型コロナウイルス感染症が終息するまでの対応となります。

対象患者

従来から定期通院・投薬処方を受けられている患者さんで、電話による外来診 療(再診のみ)を希望される方。
※ 主治医が電話での診療では医学的に不適当と判断した場合は、お断りする場合がございます。その場合には従来通りの対面診療となります。

受付方法

  1. 以下の内容を確認させていただきます。問い合わせの前に下記の内容をご準備下さい。
    ① 患者名 ②患者ID(診察券番号) ③電話番号
    ④ 診療科 ⑤主治医 ⑥院外薬局名(例:○○薬局○○店)
    ⑦ 電話診療の希望時間 (医師の電話診療可能時間との調整となります)
  2. 電話による外来診療後、指定の院外薬局に電話連絡し、院外処方箋をFAXいたします。
  3. 電話診療後は、必ず指定の薬局へ確認後、薬の受け取りに行って下さい。
    ※ 薬の受け取りは、電話受付の翌日以降になる場合がございますのでご注意下さい。
  4. 診療費のお支払いにつきましては、後日請求書を郵送させていただきますので、ご了承 下さい。